新築祝いに胡蝶蘭を送った体験談。

学生時代の友人が、注文住宅で新築1戸建てを建てましたので、その時のお祝いに胡蝶蘭をプレゼントしました。
お花の色は、やや濃い目のピンク色で茎が4本あり、そこにたくさんのお花がついていました。鉢のサイズは、10合鉢で、白い陶器の鉢でしたので、ピンクのお花がとてもきれいに映えて見えました。友人の新居にお呼ばれした時に、持っていくと、とても喜んでくれて
玄関に飾ってくれました。季節は、ちょうど11月で、これから寒くなってくるので、胡蝶蘭のお花もきれいに咲く時期でしたので、タイミングが良かったと思いました。
その後、3月中旬にまた、友人宅でパーティーをするのでお呼ばれした時にも、私がプレゼントした胡蝶蘭が、以前と変わらずにきれいに咲いていましたので、大切に育ててくれているのだと思い、とても嬉しい気分になりました。
この胡蝶蘭を買ったお店の方に、お花の上手な育て方を聞いていましたので、2回目に友人宅に行った時に、話してみました。
水やりは、寒い時期は、1週間に1回たっぷりと花や葉の上からジョウロなどでかけて、鉢の中の水がすっかり下に流れたら、あまり気温の下がりすぎない場所に置くと良い、ということでした。また、春以降に、お花が全部散ってしまって葉だけになっても、週に1,2回の水遣りは欠かさずにあげていれば、来年もまた、お花が咲く、という事でした。胡蝶蘭は、葉っぱが、とても大切なので、葉の色が変色したりダメにならなければ、生き続けるそうです。鉢を植え替えたり、肥料をやらなくても、このままの状態で、葉が元気であれば、また翌年も花を楽しめることを伝えました。
友人は、生花の胡蝶蘭が始めてだったので、この説明をとても喜んでくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加